読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物の怪博物館

面倒くさい発言100%の役に立たないゴミブログです。(@snh_mn)

自分のちょうどいいが知りたい

合理的であればあるほど、自分が無くなるって話前に小説で見ました。最後は、全人類の境目が無くなってみんなふわふわと幸せに生きていくというみたいな話だった気します。アニメも漫画もあるんでもう一度確認したいです。
手塚治虫の漫画やアニメに出てくる人外登場人物は、存在するには無駄なことに興味持って自滅したり壊されるエピソード多い気します。火の鳥とかメトロポリスとか。ただ彼らが進化する過程って人間基準ですから人間目線じゃなかったらまた別の何かになるんですかね。
能力以外だと、無駄なことで自分と他人が区別できるわけでそれが一番顕著なのが人間なら、無駄なことを生きるうえで異常に重みにしてるのも人間なのかなとかそんな無駄なことコンビニおにぎり食べながら考えてました。ゴリラみたいな顔で食べてたかもしれません。
ただでさえ、大半を欲求や選択より不快感で自分を確認してるような人間なので、自己が薄くなってもそれが減るなら合理的が選択肢のメインでいけたら幸せなのかなと思います。何見るにしてもサングラスどころか段ボールのフィルターで物見てるので。

反省を活かしてるつもりで、昔やらかしたことフィルターで物を見るのが正解なのか、過去のことは過去のこととして後ろにものとして放り投げておくのが正解なのか、死にたくないならどっち選んだらまだ長く生きていけるのかとかまあそんなことを考えてた感じです。
途中自分で、はいはい不幸自慢乙でーすってなってリバースしたくなったりもしましたがまあ生きてます。あとコーヒー飲み過ぎで胃が度々ぶるぶるしたので流石にまずいかなって思いました。